書籍「悩みにふりまわされて しんどいあなたへ」について

「悩み」を解決できるあなたになる

生きている限り、悩みはつきません。
ときに悩みはあなたを苦しめたり、疲れさせたりします。

「どうしてあの人はいつも身勝手なんだろう」
「こんなに私は頑張っているのに、損している気がする」
「SNS を見るのがツライ。でも見ずにはいられない」
「怠けているあの人が評価されて、どうして私が認められないの」

悩みの種は、あちこちに転がっています。
悩んでいる時間や悩みの深さも人それぞれ。
人間関係、過去の失敗、未来への不安、自分へのコンプレックス……など
ハッキリと理由がわかるものもあれば、

「なぜか気持ちが晴れない」
「ずっと心がモヤモヤしていて元気がでない」

というような、原因が自分でもわからない
漠然としたイヤな感情から
抜け出せずに不安を感じている人もいるでしょう。

そんなとき、
「くよくよしないで、元気だして」
「時間が解決してくれるよ」

というような言葉だけで、あなたの心が晴れ晴れとすることは、
きっと難しいでしょう。

そもそも、悩みには他人に「言いたくないもの」や
「言いにくいもの」がありますよね。
できれば誰にも言わずに、ひとりで解決できたら……。

そう感じている人も多いはずです。
この本では「悩みを解決できる、あなたになる」
このことを、お手伝いします。

でも、どうやって?

カベにぶつかったとき、人は悩む

「悩み」が生まれる最初のきっかけはなんでしょうか。
それは、多くの場合、イヤなことがあったときです。

イヤなことというのは、例えば
・人間関係でうまくいかないとき
・失恋したときや裏切られたとき
・受験や就職活動、仕事でうまくいかなかったとき

何か壁にぶつかったとき、つまり「期待と現実のギャップ」が大きく、
思いどおりの結果が得られなかったときに、
私たちは心の痛み(苦痛)を感じます。

では、どうしたらいいのでしょうか。

どうやって、このような
不安、悲しみ、苦しみ、痛み、恐怖、失敗。
これらを避けることができるのでしょうか?

実は、これは、質問が間違っています

不安、悲しみ、苦しみ、痛み、恐怖、失敗。
これらは、生きている限り、当たり前に存在するのです。

考えてもみてください、
生きている限り、病気をすることもあれば、怪我をすることもある。

そして、ひとは必ず死ぬ。
とすると、永遠の愛を誓ったふたりも、必ず別れることになる。

人生に苦しみが存在するのは、生きている限りあたりまえの事実なのです。

不安、悲しみ、苦しみ、挫折、痛み、恐怖、失敗。
これらは、ただ人生に存在するのであって、問題ではありません。
これらが問題となるのは、やりたいことのためだけではなく、
大切な人生の時間が、これらを避ける「ために」、使われるときです。

「イヤな気持ちを避けるための人生」というのは、例えばサッカー選手が
「夢はプロ選手なんだけど……コケて怪我するの嫌だから、
試合出ないし練習しない」と言っているようなものです。

確かに、練習しなければ、試合に出なければ、サッカーで怪我すること
はありません。けれど、サッカーをプロでやっていくという夢が叶うこ
ともありません。この状態は「イヤな気持ち」に、自分自身の人生を
制限する力を与えてしまっている状態です。

このように、堂々巡りの悩みのなかにいるとき、
あなたは不安や苦しみに、
あなたの人生を制限するちからを与えてしまっています。

そのような「悩み」から解放され、
人生にあたりまえに存在する苦痛と
「健全につきあう」ために、本書は書かれました。

本書は、アメリカで実践されている最先端の認知行動療法であるACT(アクト)
その知見を、誰にでもわかるよう、噛み砕いた本です。

そして、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科と
日本認知科学研究所の共同研究で成果が確認された、
エクササイズを掲載しています。

本書で、楽しく最先端の精神医学に触れながら
少しづつエクササイズを進めることで、

あなたの人生を、悩みを避けることではなく
あなたが生きたい人生を送れるように、
あなたの人生を、ふたたびあなたが主人公の映画になるように。

こちらから、ご予約いただけます。